賃貸契約する時の注意点

部屋探しを行なって、入居する賃貸物件を選んだら、賃貸契約を交わす必要があります。
ほとんどの物件は不動産業者や管理会社が仲介しているので、契約は不動産業者や管理会社と行なう事になります。
手順としては、最初に申し込みをします。
申し込みを行なう、直ぐに契約とはならず審査を受ける事があります。
そして審査が通ると賃貸契約を交わします。
申し込みから契約交わすまでは、一般的には、3日位の日数が必要となります。
申し込みを行ないと、直ぐに審査をしてくれますが、大家さんの承諾を得るのに日数が必要となるので3日後位に契約となる事が多い様です。
審査は、身元がしっかりしているか、家賃の支払い能力があるか等が審査されます。
身元の確認は家族や兄弟がいれば問題ないものとなっており、また、家賃の支払い能力に関しては、毎月給料等の収入があれば問題なく審査は通ります。
審査をする為に、申込書の他にも書類の提出を求める場合があるので、事前に、どの様な書類が必要となるのか、確認して申し込みの時に提出するとよいです。
また、保証人が必要な賃貸物件もあります。
家賃が高い物件等では、保証人が必要な場合があるので、これも事前に確認しておく必要があります。
保証人は、仮に家賃が支払えなくなった時に、保証人が支払い事になるので慎重に選ぶ必要があります。
一般的に、会社の寮等の目的で賃貸する場合は企業が保証人となってくれますが、個人で賃貸する場合は、親や兄弟が保証人となる事が多いようです。
また、保証人の同意書の他にも、住民票や印鑑証明等の書類を提出する必要があるので、事前に確認して、申し込みをする前に揃えておく事が大事となります。
審査が通り大家の承諾を得ると、契約を交わす事になります。
この時点で、賃貸に関する様々な事を説明してくれます。
ここで大事な事は、契約書の内容をしっかり確認する事です。
確認する内容としては、初期費用の敷金、礼金、保証金が必要なのか、家賃の支払いをどの様にするのか等できが、他にも、解約する時の事を確信する事が大事となります。
解約した時に、解約金を請求されたり、敷金が戻ってこないと言ったトラブルになる事があるのでしっかり確認する必要があります。
そして、判らないことがあった場合は、納得するまで質問する様にします。
後で知らなかったでは通らない事があるのでしっかり確認する様にします。
賃貸マンション等では管理組合の規約があるので、この説明も受けるとよいです。
他にも、敷金や礼金等や家賃の交渉をするとよいです。
但し、やりすぎると逆に不信感を持たれる場合があるので、やりすぎは禁物です。

Copyright (C)2017賃貸生活を快適に〜狭くても古くても大丈夫!〜.All rights reserved.