不動産業者について

部屋探しは直接、不動産業者や管理会社に出向いて探す方法と、インターネットで賃貸物件を探す方法等があります。
インターネットで賃貸物件を紹介しているのも不動産業者や管理会社等なので、何れにしても不動産業者や管理会社等と接触して契約する事になります。
不動産業者や管理会社と言っても様々で全国展開している業者や地元の賃貸物件のみ扱う業者があります。
どの業者にもそれぞれのメリットがあるので一概にどの業者が良いとは、言えないのですが一般的に見た比較をして見ました。
地元業者の特徴は、地元に密着した営業を行っているので、一般に公開されていない情報を持っている場合があるので掘り出し物を探せる場合があります。
又、社員の異動が少ないので、長く同じ担当者と付き合う事が出来ます。
大手業者と違って支店が多くあるのではないので、扱っている物件数が少ないとも言えます。
また、小さい規模で営業をしている場合が多いので、トラブルが発生した時の解決方法が、自分の会社で対応出来る範囲となる事があり、狭い範囲での解決方法となる場合があります。
全国展開している大手業者の特長は、地元業者の特長と逆となります。
具合的には、全国展開しているので、扱っている物件が多く、支店も多いので遠隔地から部屋探しが出来たり、契約する事が出来ます。
そして、最大の特長は、安心感がある事です。
これは、大手業者は顧問弁護士を抱えている場合が多く、トラブルが発生した場合、弁護士が対応してくれるので、幅広い知識からの対応となります。
また、資金力もあるので、満足が出来る解決となります。
他にも、ノルマを設定している場合があり、ノルマを達成する為に、無理な営業を行う方がいるので注意が必要です。
又、担当者が転勤等で変わる事があり、長期的に同じ担当者となる事が難しいと言えます。
そして、担当者となった方が土地に不慣れな事から最適な提案を受けられない場合があります。
例えば、東京に居た方が大阪に異動となったばかりで土地に不慣れな状態で担当者となった場合等です。
この様に担当者となった方に誠意がなかったり、土地に不慣れな場合、最適な提案とは言えないので実際に入居してから後悔する事になるので注意が必要です。
しかし、自分から担当者を指名する事はできないので、話しをしていておかしいと感じたら、担当者を変えて貰うか、別の業者にすると良いです。
誠意のある業者や担当者を探すのは、簡単な事ではないので何度か業者を訪問して始めて分かるもので、見極めるのに時間が必要となります。
良い担当者か判断する為の目安としては宅地建物取引主任者であるか確認する事です。
賃貸物件探しを成功させる為には、業者と担当者の誠意が大事となるので、後で後悔をしない為にも、業者選びと担当者選びが大事となます。

Copyright (C)2017賃貸生活を快適に〜狭くても古くても大丈夫!〜.All rights reserved.