特有賃に基礎

特定優良賃貸住宅とは住宅の供給を促進するためにできた特定優良賃貸住宅の法律に基づき施工された住宅の事です。
具体的には、都道府県知事の認定をうけて建てられた住宅で民間業者が建築して管理する住宅です。
この特定優良賃貸住宅のメリットは、入居すると地方自治体から補助金が貰える事と家賃補助や仲介手数料が不要となる特典があります。
このように特定優良賃貸住宅には様々なメリットがあるのですが一般的な物件と違って申し込みに条件があったり法律の制約があるので申し込みをする前に充分に確認することが大事となります。
特定優良賃貸住宅に関する事はインターネットで調べる事ができますが、東京、大阪等の地方自治体によって申し込み条件が異なっているので分かりづらいものとなっているので充分に理解する事が大事となります。
例えば、東京と神奈川の物件を探している場合、東京と神奈川の収支が違うので補助金や家賃が異なってきます。
このような場合は、東京と神奈川両方の特定優良賃貸住宅の事を理解する必要性があります。
特定優良賃貸住宅は平成5年に成立した制度で特優賃とも言われています。
制度の目的は賃貸する方の負担を軽減する事が主な目的となっています。
この特優賃に認定されれば建築した方に補助金が支給されますが認定されるには様々な条件をクリアする必要があります。
その条件とは、専有面積は50m2〜125m2、(2LDK〜3LDKが中心)、専有面積の9%以上を収納スペースに、耐火または準耐火構造、天井高2.3m以上となっています。
また、特優賃の多くは、バリアフリーとオートロックとなっています。
家賃の補助に関しては、一般的な賃貸住宅の家賃が設定されていますが、国や地方自治体による家賃の補助があるので入居者は補助分を差し引いた金額を支払う事になります。
例えば、10万位の家賃となっている特優賃に入居する場合、補助金が4万円位となるので実際に支払う家賃は6万円位となります。
但し、補助金は入居者の前年度の収入と家族構成から決まるので、詳しい事は地方自治体に問い合わせる必要があります。
仲介手数料に関しては、入居者を補助することが目的なので、仲介手数料は不要となっています。
また、一般の賃貸住宅には、礼金や敷金が必要な場合がありますが特優賃に関しては、礼金は無く、敷金は3ヶ月分となっています。
また、退出する場合も、一般の賃貸住宅では解約金や礼金を支払う事がありますが。
特優賃の場合は、解約金や礼金の支払はありません。
このように特定優良賃貸住宅に入居する場合、様々なメリットがあるので、賃貸住宅を考えている方は、一度、検討して見ると良いです。

Copyright (C)2017賃貸生活を快適に〜狭くても古くても大丈夫!〜.All rights reserved.